憲法第96条の発議要件緩和に反対する意見書 升議員の提案説明

議会議案第3号、憲法第96条の発議要件緩和に反対する意見書 提案説明

日本共産党金沢市議会議員 升 きよみ

私は、日本共産党市議員団を代表して、議会議案第3号、憲法第96条の発議要件緩和に反対する意見書(案)の提案理由を述べます。
今日、日本国憲法第96条に規定する憲法改正の発議要件を緩和して、衆参両院の総議員の2/3以上の賛成から過半数の賛成に引き下げようとする動きが活発化しております。
そもそも憲法は、国家の重要な基本原理を定めた最高規範であり、基本的人権を擁護するために、国家権力の乱用を防止するものであることから、その時々の政府の考え方によって安易に改正することは許されるものではありません。まさしく憲法は国家と権力のためにあるのではなく、私たちの人権とふるさと・国を守るものであり、国民が国家権力をしばるものだからです。これを衆参各院の総議員の2/3から過半数の賛成に変える96条改定は絶対に行うべきではありません。それを明確に示すことです。
自民党は、当初96条の先行改定を行い、9条はじめ憲法全面改定への突破口とする方針でした。しかし、改憲派の論客として知られる小林慶応大学教授からも、96条改悪は憲法破壊となるもので、問題が多いことが指摘される等、識者から多くの批判が寄せられました。また、過日、古賀誠自民党元幹事長が「現行憲法の平和主義、主権在民、基本的人権という崇高な精神を尊重しなければならない。中でも平和主義は世界遺産に匹敵するもの。特に憲法改正手続きのハードルを下げるということは絶対にやるべきでない」と発言された報道が、今大きく反響を呼んでおります。それ程に道理のない96条改定方針に、従来の保守といわれる方々や作家僧侶の瀬戸内寂聴さんをはじめ京都仏教会有馬理事長、カトリック岡田東京大司等、宗教界や各界様々の方が異口同音に、96条改定反対を表明されておられます。
安倍首相は、96条先行改定するには充分に国民的議論が深まっていないと言い、ここにきてトーンダウンしておりますが、その一方で決して改悪を諦めてはいないと発言されています。
そのこと自体重大ですが、しかし今回、私たちが提案しているのは、96条発議要件緩和に反対し、その緩和を行わないよう求めるものであって、色々と各々立場の違いがあろうとも、この一点で声を挙げるよう呼びかけるものです。各位の御賛同を願って提案理由の説明とします。

 

▲ このページの先頭にもどる

日本共産党中央委員会
「しんぶん赤旗」のご案内
日本共産党石川県委員会
井上さとし(日本共産党参議院議員)
藤野やすふみ(日本共産党衆議院比例北陸信越ブロック)
金沢市議会のページへ
サイトポリシー
Copyright © 2010 - 2018 kanazawa.jcp. All Right Reserved.