≪ 9月定例月議会 ≫ 第二庁舎建設問題 森尾嘉昭市議

 

市役所の裏手には、樹齢200年にもなるケヤキの大木と、土の堤防《壁》が残る。

 

 

 

《旧西外惣構堀遺跡》

 

一見地味な遺跡だが、400年前の金沢城の歴史を紐解く一片だ。

金沢市指定史跡に、平成20年12月26日に指定されている。

ぜひとも、後世に遺したい。

 

※惣構

城を中心とした城下町を囲い込んだ堀(ほり)や、堀の城側に土を盛り上げて造った土居(どい)などの防御施設。

 

にも関わらず、

 

 

daini4

 

 

金沢市役所第二庁舎(建設予定)への地下通路(案)が通らなければ、

次は上空通路(案)が最適であると提示された。

 

その予算額、五億円。

 

金沢市役所庁舎と、新たに建設予定の第二庁舎をつなぐ ”連絡通路” だが、

その必要性には疑問が残る。

 

 

 

 

 

鞍月、辰巳用水の水を湛える、旧西外惣構堀。

 

連絡通路の必要性の議論や精査が充分になされないまま、

金沢市民の五億円もの血税を湯水に様に使い、

樹齢200年の樹木を引き抜き、加賀百万石の歴史に杭を打ち込み、遺跡を破壊する。

 

果たしてそれは許される行為なのだろうか?

 

 

 

 

9月定例月議会にて、森尾市議が、この第二庁舎建設問題に切り込みます。

質問日につきましては、今週末にお知らせします。

 

 

 

 

▲ このページの先頭にもどる

日本共産党中央委員会
「しんぶん赤旗」のご案内
日本共産党石川県委員会
井上さとし(日本共産党参議院議員)
藤野やすふみ(日本共産党衆議院比例北陸信越ブロック)
金沢市議会のページへ
サイトポリシー
© 2010 - 2020 日本共産党 金沢市議員団