市民が参加しやすい意見交換に!



6月1日、議長に申し入れをしました。

というのも、金沢市議会が行ってきた意見交換会が、今年度、縮小されようとしているか

らです。

当初は運用方針の中で開催を5回とし、各常任委員会ごとに行うこととしてきましたが、

テーマによっては合同開催もありうるとして、5回までとなってきました。

ところが、各常任委員会の委員長で構成される委員長会議において、今年度は2回という

方向性が打ち出されたのです。

教育消防常任委員会と経済環境常任委員会でまず1回行う。

これは、前回の「文化と人づくり」の意見交換会が消化不良だったので、再度やろうとい

うものです。テーマもはっきりし、各常任委員会でも議論をしたうえで合同ということに

なりました。

しかし、あとの総務常任委員会、市民福祉常任委員会、建設企業常任委員会の3つで1回

の意見交換会をやってしまおうというのが今回の案です。

ところが、テーマも決まっていなければ、各常任委員会で議論が話されたわけでもない。

根拠がなさすぎる。

だいいち、議会基本条例の主旨に「広聴広報の充実」をうたっています。

市民に開けた議会、市民の意見を聴く議会をめざす!という理念や精神をないがしろにし

てはなりません。

 

 

▲ このページの先頭にもどる

日本共産党中央委員会
「しんぶん赤旗」のご案内
日本共産党石川県委員会
井上さとし(日本共産党参議院議員)
藤野やすふみ(日本共産党衆議院比例北陸信越ブロック)
金沢市議会のページへ
サイトポリシー
Copyright © 2010 - 2017 kanazawa.jcp. All Right Reserved.