新型コロナウィルス対策について市長への申入れをしました③

コロナウィルスの拡散も全国的になり、石川県内でも5人目の感染者の確認され、首相記者会見も行われたのを受け、新たな感染拡大対策と予算措置の申入れをしました。

2020年2月28日

金沢市長 山野 之義 様

新型コロナウイルスによる感染者が県内で5名となったことを受け、
新たな対策と緊急の予算措置の申し入れ

金沢市議員 森尾 嘉昭
金沢市議員 広田 美代
金沢市議員 大桑 初枝
金沢市議員 玉野  道
金沢市議員 熊野 盛夫

石川県は、27日、県内で5人目となる新型コロナウイルスの感染者が確認されたことを明らかにし、26日には、政府の新型肺炎対策の基本方針を打ち出しました。
 その中で、首相は、「多数が集まるイベント等について、2週間は中止、延期、規模縮小を要請」しました。これを受けて、国立の博物館や美術館を2週間程度閉館することを決定しました。よって、市長におかれては、市民の命と健康を守る上で、感染防止対策と医療体制の充実に向け、新たな対策と予算措置を行うよう求めるものです。

  1.  市民からの問い合わせにこたえられるように、金沢市保健所の体制強化を図り、電話の増設、24時間の電話受付を行うこと。検査体制の充実を県に求めると共に、市独自に検査体制を検討すること。また、簡易キットの開発、民間での検査体制など県を通じて国に求めること。
  2.  市民に迅速な情報提供のため、ホームページだけでなく、公式フェイスブック、公式ツイッター等を通じて情報を発信すること。
  3.  金沢市立病院での感染患者の受け入れ体制を強化するため、体制の充実を図ること。また、医療機関を利用する方々に対して、安全な受診が出来るよう待合室の改善、薬の処方箋の受け渡しなど改善をはかること。そのための財政的支援を検討すること。
  4.  市内の公共施設に於ける感染予防対策の徹底をはかると共に、国内外の不特定多数の方が訪れる21世紀美術館などの休館について検討すること。
  5.  本市市役所など市民サービスにかかわる施設に於いて、職員のマスク装着、手指消毒の設置、トイレにペーパータオルの設置など徹底すること。
  6.  政府が全国の小中学校・高校に春休みまで臨時休校を要請したことから、すみやかに対応し、関係者に柔軟な配慮を行うこと。

以上

▲ このページの先頭にもどる

日本共産党中央委員会
「しんぶん赤旗」のご案内
日本共産党石川県委員会
井上さとし(日本共産党参議院議員)
藤野やすふみ(日本共産党衆議院比例北陸信越ブロック)
金沢市議会のページへ
サイトポリシー
© 2010 - 2020 日本共産党 金沢市議員団