新型コロナウィルス感染広がる中緊急対策の実施を求める申し入れ⑥

2020年4月3日

金沢市長 山野 之義 様

新型コロナウイルス感染が広がる中
緊急対策の実施を求める申入れ

金沢市議会議員 森尾 嘉昭
広田 美代
大桑 初枝
玉野  道
熊野 盛夫

 本日、県内で新たに4人の新型コロナウイルス感染者が確認され、県内で20人となりました。北陸3県の感染者数が急増し、富山8人、石川20人、福井39人となっており、金沢でも、市中感染ともいえる状況を迎えています。市内の飲食店経営者と家族が感染し、明成小学校に通う児童が感染したことが明らかとなりました。金沢税務署では、感染者が来訪したとして2日一時閉鎖、消毒を行いました。また、50歳代の飲食店経営者が感染。3日北陸鉄道バスの運転手が感染し、15路線のバス運休となるなど市民生活にも影響をもたらしています。その結果、感染拡大が、市民生活と地域経済へ深刻な影響をもたらしており、緊急の対策が求められています。以下の点を申し入れます。

                   記

(1)今後、急速な感染拡大が想定されることから、最大リスクを想定し、強力な感染対策が必要だと考えます。

第一に、金沢市長が市民に対して、不要不必要な外出を控えることを市民に訴える。中でも、夜の飲食を控えるよう求める。同時に、市として飲食関係事業者に対する支援を表明する。

第二に、新年度が始まり様々な集まりや、花見などの行事について、4月中は、控えることを要請する。21世紀美術館は当面閉館すること。

(2)深刻な影響が広がっている市内事業者に対して速やかな支援が実施されるよう関係機関の総力あげて対応すること。融資への実行と直接的支援について検討すること。

(3) 急速な感染拡大に備えるため、検査、医療体制の強化を進めること。

  • 検査体制は、抜本的に強化し、駅西保健所でドライブスルー方式での検査ができるように準備を進める。
  • 3日の厚生労働省の方針から感染症の軽症者に対して、自宅での療養などが打ち出されました。本市での対策として、軽症者を受け入れる宿泊施設などの確保を検討すること。現在、指定医療機関は、県立中央病院に2床、市立病院に6床となっており、感染者増加に対応することはできません。したがって、市内医療機関に対して入院確保できるように要請すること。その際に、財政的な支援を行うこと。

(4)学校の新学期の開始については、文部科学省のガイドラインに沿って、感染の広がりを的確に把握し、適時対応が取れるように体制をとること。

▲ このページの先頭にもどる

日本共産党中央委員会
「しんぶん赤旗」のご案内
日本共産党石川県委員会
井上さとし(日本共産党参議院議員)
藤野やすふみ(日本共産党衆議院比例北陸信越ブロック)
金沢市議会のページへ
サイトポリシー
© 2010 - 2020 日本共産党 金沢市議員団